Yesterday, we reported the following improvements to the CENNZnet staking protocol were being implemented:

  1. Only the highest value 128 stakers per Validator will receive CPAY rewards.
  2. Votes or stakes cannot be changed in the last 10 minutes of an era.

Having reflected on messaging and timing, we recognise that it was a sudden announcement that will understandably have taken the CENNZnet staking community by surprise. In the future, the network will move to a decentralised community governance system, but until then we realise that our team needs to take more time to communicate network improvements before we make them.

We…


2020 年对 CENNZnet 来说是非常重要的一年,我们为我们的成就感到骄傲,但我们更倾向于着眼未来。随着我们的主网的建立和运行,以及即将上线的主网代币和公众质押,2021 年将是 CENNZnet 最激动人心的一年!

社区是推动 CENNZnet 的动力,当我们朝着一个完全去中心化的自治网络迈进时,需要每一个社区成员来推动我们的成功。因此,根据我们对全面可见性的承诺,我们希望每个人对我们 2021 年战略方向的具体细节有更多的了解。

2021 年 CENNZnet 将会发生什么?

主要目标

随着我们主网的推出和迁移的完成,CENNZ 代币现在已经完全集成,可以直接用于为 CENNZNet 区块链提供动力。我们 2021 年的重点是提升构建在 CENNZnet 上的高质量 DApp 的数量 — — 无论是来自我们的合作伙伴网络,还是希望利用我们不断完善的技术的新开发人员。为什么这是我们的重点关注?因为 CENNZnet 的核心是为了支持“去中心化应用生态而设计和建立的区块链”。我们相信,通过汇集伟大的创意、创新的技术和忠诚的去中心化社区,我们可以为每个人创造一个更公平的未来,让我们重新掌控对我们的数据、隐私和生活的主动权。

在我们的网络上拥有更多高质量的 DApp (如 Sylo )的另一个好处是,这将激励交易量的上涨。在我们的双重代币奖励系统中,更高的交易量可以使得参与公共质押的社区成员获得更多的区块链 CPAY 奖励。这不仅有利于我们的内部社区,也提高了 CENNZ 代币的知名度和未来的需求。

我们将如何实现这些目标?

伟大的梦想需要一个伟大的计划。别担心,我们两者都有 😉

我们全新的社区开发团队将负责吸引更多高质量的 DApp。这些新成员的加入是为了开发人员社区推广 CENNZnet 的独特优势,并支持想要在我们的网络上构建 DApp 的开发人员。他们还将在生态系统中现存但尚未加入“区块链支持”的项目中发挥关键作用,使那些项目能够更快地进入区块链领域。

除了在我们新 DApp,我们还将率先进行一些令人兴奋的战略增长努力。这些将是:

  • 线上及线下活动: 专注并参与组织新西兰和全球的大小活动。
  • 在线学习机会:创建教程、交互式活动和全面的技术文档,以支持新的 DApp 构建者。
  • 赠款和奖金:继续并增加我们的赠款和奖金项目,以接纳并支持开放源社区。
  • 利用我们广泛的合作伙伴网络激活新体验。
  • 教育活动:建立一套常用资源系统以促进开发者社区了解我们的技术基础,以及如何最大限度地利用现有资源在 CENNZnet 上创建更好的 DApp。
  • 增加流动性:我们的目标是让 CENNZ 可以在越来越多的地方进行交易,以吸引开发者合作。
  • 数字宣传活动:开展广泛的数字宣传活动,提高 CENNZnet 的品牌知名度。

社区让梦想成真

我们一如既往地感谢我们活力四射的 CENNZ 社区。你的支持是推动这个项目的动力,也是最终使它成功的因素。我们对明年的发展感到非常兴奋,我们也希望你们能和我们一起推广 CENNZnet,让这个网络越来越强大!


2020年はCENNZnetにとって大きな年でしたが、この先にあるものに比べれば大したことはありません。メインネットが稼働し、ライブトークンがネットワーク上に登場し、パブリックステーキングの開始も控えている2021年はCENNZnetで最もエキサイティングな年になりそうです。

コミュニティこそがCENNZnetの原動力であり、完全に分散化されたネットワークに向けて進む中で、共に成功するために皆様の力が必要です。 そのため、完全な可視化へのコミットメントに沿って, 来年の戦略的方向性の具体的な内容をご紹介したいと思います。

では、2021年のCENNZnetはどうなっているのでしょうか?

主な目的

メインネットの立ち上げと移行が完了したことで、CENNZは完全に統合され、CENNZNetブロックチェーンの動力として直接使用することができます。2021年の主眼は、私たちのパートナーネットワークや、私たちが構築してきた技術を活用したいと考えている新しい開発者がCENNZnet上で構築する高品質なDAppsの数を増やすことです。なぜここが焦点なのか?何よりもまず第一に、CENNZnetの中核はブロックチェーンであり、分散型アプリケーションのエコシステムをサポートするために設計・構築されているからです。 私たちは、素晴らしいアイデア、素晴らしい技術、素晴らしい分散型コミュニティを結集することで、データ、プライバシー、生活のコントロールを取り戻し、すべての人にとってより公平な未来が創造できると信じています。

高品質のDApps(Syloのような)をネットワーク上に増やすことのもう一つの大きなメリットは、より多くのトランザクションにつながるということです。デュアルトークン報酬システムの中では、ネットワーク上での取引が多いほど、ステークキングコミュニティにとってより高いCPAY報酬が得られることになります。これはコミュニティに利益をもたらすだけでなく、$CENNZの知名度と将来の需要を高めることにもつながります。

どのようにして実現するのか?

大きな夢には大きな計画が必要です — そして幸いなことに、私たちはその両方を持っています。

私たちの新しいコミュニティ開発者チームがより多くの高品質Dappsを獲得する動きを主導していきます。彼らは、CENNZnet独自の利点を開発者コミュニティに伝え、私たちのネットワーク上で構築したいと考えている人たちをサポートすることを主な目的としています。また、エコシステム中の、現在「ブロックチェーン対応」ではない既存のベンチャー企業が、より早くブロックチェーン界に進出できるようにする上でも重要な役割を果たしてくれるでしょう。

新しいDAppsスーパーグループに加えて、私たちは以下のような戦術的な成長のためのさまざまな取り組みを推進していきます。

  • イベント: ニュージーランド国内外の小規模・大規模イベントへの出展。
  • オンライン学習の機会: 新しい DApp開発者をサポートするためのチュートリアル、インタラクティブなアクティビティ、徹底した技術文書を作成します。
  • 助成金と報奨金: オープンソースコミュニティを受け入れるための助成金プログラムと報奨金プログラムを継続、さらに増加させていきます。
  • 広範なパートナーネットワークを活用して、新しい体験を活性化する
  • 教育キャンペーン: CENNZnet上で優れたDAppを作成するために利用可能なリソースを最大限に活用する方法や、技術の基礎について開発者コミュニティを教育するために、常設のリソースセットを確立します。
  • 流動性を高める:開発者にとって魅力的な構築環境となるためには、CENNZがより多くの場所で取引できるようにすることが重要です。
  • デジタル啓蒙キャンペーン: 幅広いデジタルキャンペーンを実施し、CENNZnetのブランド認知度を高めます。

コミュニティが夢を可能にする

私たちはCENNZコミュニティに感謝の気持ちを忘れたことはありません。 皆様のご支援がこのプロジェクトの原動力であり、最終的にはそれがこのプロジェクトの成功につながると信じています。 来年はどんな年になるのか、とても楽しみにしています。皆様にCENNZnetの宣伝にご参加いただき、ネットワークが力強くなっていくのを見守っていただければと思います。


2020 was a big year for CENNZnet, but it’s nothing compared to what’s ahead. With our mainnet up and running, live tokens on the network and public staking on the way, 2021 is going to be the most exciting year on CENNZnet yet!

Community is what drives CENNZnet, and as we move towards a fully decentralised self-governing network it’s you who will need to step up to drive our success. So in line with our commitment to full visibility, we want to give you some more insight into the specifics of our strategic direction for the coming year.

So what’s…


2020 年对 CENNZnet 来说是非常重要的一年,我们为我们的成就感到骄傲,但我们更倾向于着眼未来。随着我们的主网的建立和运行,以及即将上线的主网代币和公众质押,2021 年将是 CENNZnet 最激动人心的一年!

社区是推动 CENNZnet 的动力,当我们朝着一个完全去中心化的自治网络迈进时,需要每一个社区成员来推动我们的成功。因此,根据我们对全面可见性的承诺,我们希望每个人对我们 2021 年战略方向的具体细节有更多的了解。

2021 年 CENNZnet 将会发生什么?

主要目标

随着我们主网的推出和迁移的完成,CENNZ 代币现在已经完全集成,可以直接用于为 CENNZNet 区块链提供动力。我们 2021 年的重点是提升构建在 CENNZnet 上的高质量 DApp 的数量 — — 无论是来自我们的合作伙伴网络,还是希望利用我们不断完善的技术的新开发人员。为什么这是我们的重点关注?因为 CENNZnet 的核心是为了支持“去中心化应用生态而设计和建立的区块链”。我们相信,通过汇集伟大的创意、创新的技术和忠诚的去中心化社区,我们可以为每个人创造一个更公平的未来,让我们重新掌控对我们的数据、隐私和生活的主动权。

在我们的网络上拥有更多高质量的 DApp (如 Sylo )的另一个好处是,这将激励交易量的上涨。在我们的双重代币奖励系统中,更高的交易量可以使得参与公共质押的社区成员获得更多的区块链 CPAY 奖励。这不仅有利于我们的内部社区,也提高了 CENNZ 代币的知名度和未来的需求。

我们将如何实现这些目标?

伟大的梦想需要一个伟大的计划。别担心,我们两者都有 😉

我们全新的社区开发团队将负责吸引更多高质量的 DApp。这些新成员的加入是为了开发人员社区推广 CENNZnet 的独特优势,并支持想要在我们的网络上构建 DApp 的开发人员。他们还将在生态系统中现存但尚未加入“区块链支持”的项目中发挥关键作用,使那些项目能够更快地进入区块链领域。

除了在我们新 DApp,我们还将率先进行一些令人兴奋的战略增长努力。这些将是:

  • 线上及线下活动: 专注并参与组织新西兰和全球的大小活动。
  • 在线学习机会:创建教程、交互式活动和全面的技术文档,以支持新的 DApp 构建者。
  • 赠款和奖金:继续并增加我们的赠款和奖金项目,以接纳并支持开放源社区。
  • 利用我们广泛的合作伙伴网络激活新体验。
  • 教育活动:建立一套常用资源系统以促进开发者社区了解我们的技术基础,以及如何最大限度地利用现有资源在 CENNZnet 上创建更好的 DApp。
  • 增加流动性:我们的目标是让 CENNZ 可以在越来越多的地方进行交易,以吸引开发者合作。
  • 数字宣传活动:开展广泛的数字宣传活动,提高 CENNZnet 的品牌知名度。

社区让梦想成真

我们一如既往地感谢我们活力四射的 CENNZ 社区。你的支持是推动这个项目的动力,也是最终使它成功的因素。我们对明年的发展感到非常兴奋,我们也希望你们能和我们一起推广 CENNZnet,让这个网络越来越强大!


TwitterおよびTelegram Announcementsチャンネルをフォローし、CentralityのOfficial TelegramInstagramReddit、およびFacebookのコミュニティに参加してください。

あなたとあなたのパートナー達は4年前にブロックチェーン技術の応用をやり始めました。当時のトレンドを見て、どのようなエコロジカルなプロダクトを思い描いていたのかが気になります。当初から決済アプリから作り始めようと思っていたのですか? 実施プロセスと重要なマイルストーンはなんですか?

2016年にスタートアップビジネスのアイデアをいくつか探っていたところ、スタートアップを成功させるためのハードルが非常に高いことに気付き、「スタートアップが成功する可能性が高い環境をどうやって作るか」を解決しようと考え始めました。

この頃、チューリッヒの友人と、ブロックチェーンが既存の経済モデルにもたらす破壊力について会話をしました。 私は、分散化(ブロックチェーンによって可能になる)こそが、場を平準化し、大きなアイデアを持った人々に既存の企業と同じ機会を与えるための重要な要素であることに気付きました。

また、新しいビジネスモデルのためのプラットフォームだけでなく、ユーザーのためのプラットフォームも提供したいと考えていたので、エンドユーザーにも通用する技術であることを確認していました。多くのプロジェクトはユーザビリティを忘れており、大規模なユーザの参加がなくては分散化はできません。

Centralityはこの3年間で大きく進化しました。プラットフォームとコアモジュールを構築し、エコシステムには25社以上のベンチャーが参加しています。 これらのプロジェクトは、決済、DeFi、従来の金融、サプライチェーン、グリーンテック、小売技術、旅行技術、医療技術など多岐にわたっています。

私たちは1億ドル以上の資金調達に成功し、設立当初からの非常に素晴らしいコミュニティがあります。我々はパンププロジェクトではありません。強気と弱気の市場を通して、堅実に構築してきました。 私たちのコミュニティはトークンの80%以上を保有しており、その50%以上が私たちのメインネットステーキングコントラクト内にステーキングされています。

CENNZnetチームは大口投資家から多くの資金を得ているとおっしゃっていました。何が彼らをあなたの会社に投資するよう惹きつけたのでしょうか?

その魅力の一つは、「完全にユニークなものを作りたい」というビジョンがあるからだと思います。

CENNZnetは世界初のネイティブパーミッションパブリックブロックチェーンです。 これは、優れた安全なユーザー体験を提供し、アプリケーション同士を連携させてより良いユーザー体験を提供することができます。

私たちのインチェーンコアモジュールは、開発者が新しいアプリケーションを迅速に構築するのに役立ち、これらのコアモジュールはチェーンに組み込まれているため、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

例えば、当社のインチェーンメッセージングプロトコルを使用すると、開発者はメッセージング機能を DApp に直接組み込んで、50万件の既存アカウントに自動的に接続することができます。

インチェーンスポット取引所とオンチェーンオーダーブック付きAMMは、信頼性の高い即時決済で完全に透明性の高い取引を可能にします。

スマートコントラクトは、特許出願中のドーナツパーミッションフレームワークにアクセスして、より良いユーザビリティとより良いユーザーの安全性を提供することができます。

現在のプレネットには50万以上のアカウントがあり、月間アクティブDAppユーザーは10万人を超えています。CENNZnetは世界で最もアクティブなブロックチェーンネットワークの一つとなっています。

もう一つの魅力は、大規模で今も増加している、現実世界でのパートナーリストです。世界で最も有名なブランドの複数が、私たちのエコシステムと協力しています。彼らから費用を受け取っている本当の事業提携であり、ただの誇大広告ではありません。

最後に、私たちのコミュニティは、私たちが長期的に業界内にいることを見てきたと思います。 私たちは信頼される国を拠点とし、市場の高値・安値の中で目標を達成するために構築を続けてきました。

Bエンドユーザーにフォーカスしたブロックチェーンプロジェクトが多いと思います。 リップル(XRP)とセローを除けば、決済に関して大きな進展を見せたプロジェクトはほとんどありません。 最初期の決済プロジェクトであるサークルもシェアを獲得しています。しかし、やはり通用しませんでした。これらの例は、ある程度、Cエンドの消費者に暗号通貨を流通させることが難しいということを示しているのでしょうか。

これは素晴らしい質問ですが、プロトコルやトークンモデル、ネットワーク機能の設計において、エンドユーザーや大規模導入について真剣に考えたプロジェクトはほとんどないと言えるでしょう。

その点について考えないと、トレーダーの採用は多くても、エンドユーザーの採用は少ないかもしれません。

私たちは、その点に最初から絶対的に集中しています。CENNZnetのすべての部分は、エンドユーザーと使いやすさを考慮して設計されています。 普通の日常生活を送っている人のユーザー体験を考えると、秘密鍵やGASなどについて理解する必要があるブロックチェーンをどのように使うのか想像がつきませんよね?これらはエンドユーザーが心配する必要のないものであるべきです。

また、ユーザーにとっての充実した体験を考える必要があります。 優れた決済プロトコルを持っているだけではなく、加盟店が採用しやすいようにしなければなりません。 他の多くのペイメントトークンは、最終的に加盟店が新しいソフトウェア、新しいタブレット、新しい銀行口座など、何か違うことをするかどうかに依存していて、採用への大きな障害となっています。

そこで私たちは、デジタル資産での決済を受け入れる加盟店とのギャップを埋めるために、Centrapayを構築しました。現在、セントラペイには25万を超える統合点があり、世界最大級のネットワークとなっています。

どのような困難に遭遇し、それをどのように乗り越えましたか?

ブロックチェーン技術は、世界の産業のあり方を変える力を持っています。 しかし、多くのブロックチェーン企業は技術主導型、あるいは取引やフィンテック中心の企業が多いです。「サイバーパンク」ではない一般消費者には、あまりにも遠いものです。

CENNZnetはユーザーを中心に設計されています。 単純な通貨としてのユースケースを超えて、一般消費者のユースケースに焦点を当て、ブロックチェーンへのアクセスを増やすことです。それにはユーザーがアプリケーション間でシームレスに移動できるようにするためのヒューマンセントリックなアプローチを取流必要があります。

実際には、エコシステム内のDAppsを使用したユーザーエクスペリエンスは、市場に出回っている標準的なアプリと同じである必要があります。(もちろん分散化されているのでより良いものですが!)

日常生活で使えるという目標を達成するためには、技術やプロトコルを正しく理解することが必要で、3度の挑戦が必要でした。たくさんの作業を行い、またやり直すのは大変でしたが、自分たちの計画に基づいて、最後に結果を出すことができて本当に良かったと思います。

ユーザーエクスペリエンスと採用されることを重視しているため、世界で最も急速に成長し、現在最もアクティブな上位20位以内の多くのネットワークよりも、1日および月間のアクティブユーザー数が多いDAppsの1つをホストしています。

本物のチームだからこそ、誇張はしません。話す前に作るのが私たちの仕事です。 新しい約束と誇大広告で人々が毎日爆撃されている今、私たちがどれほど異なっていて、特別な存在であるかを理解してもらうためには、もう少し時間がかかることがあると思います。 だからこそ、CENNZnetのことを広め、CENNZnetの魅力を伝えるために皆様のご協力が必要なのです。

現時点では、Centralityの決済ビジネスのロジックとは何か?暗号通貨での決済の流れを教えていただけますか?

Centralityは決済だけに特化した会社ではありません。CENNZnetはユーザーフレンドリーなDApプラットフォームとして構築されています。 ID、メッセージング、支払いなどのように、コンシューマーアプリケーションで見られるすべての一般的なサービスをコアに含んでいます。WeChatフレームワークで、開発者が既存のサービスにリンクしてその上に構築することができる、といったようなものに似ています。

もちろん、決済はコンシューマーアプリケーション体験の一部として非常に重要であり、それがブロックチェーンと現実世界をつなぐためにCentrapayプラットフォームを構築した理由です。

6月にセントラペイは、オーストラリアおよびニュージーランドのコカ・コーラ・アマティル(CCA)と契約を締結し、ユーザーがコカ・コーラの自動販売機ネットワーク上の商品の支払いにSyloスマートウォレットを使用して暗号通貨を使用するオプションを提供することになりました。

そして現在、コカ・コーラ・アマティルのテクノロジー投資プラットフォーム「アマティルX」がセントラペイに投資しました。この投資は、POSや決済端末との統合を加速させ、ブランドが消費者とより直接的につながり、決済や価値交換におけるイノベーションを促進することを可能にします。

これは、Centrapayプラットフォームと多くの主要な決済手段との統合の一つであり、近日中に追加の発表を行うことを楽しみにしています。

これまでの実績の中で、私たちと共有したいものはありますか?例えば、決済端末の利用率、利用者規模等。

今注目して欲しいのは、有効化している端末エンドポイントの数だと思います。これは鶏の前の卵で、まずネットワークを構築して、ユースケースを構築して、使用量を増やしていくものになります。セントラペイは、25万以上のエンドポイントを持つ世界最大級の統合ネットワークを有しています。

プラットフォームの2つのトークン「CENNZ」と「CPAY」の総量、流通量、既存流通量を紹介し、どのようなシナリオで利用できるのかを紹介してもらえますか?

1,200,000,000 CENNZトークンがミンティングされ、80%以上がコミュニティに配布され、残りはマーケティングと創業者の活動のために使われました。 約15%程度が失われていることがわかっているので、これよりも流通量の合計は少なく、メインネットのステーキングコントラクトに60万以上のトークンがロックされていることがわかっています。

CENNZはステーキングトークンであり、ネットワークを使用するコストに影響を与えることなく価値を高めることができます。CENNZの需要は、より多くのユーザーがCENNZnetネットワークに参加し、取引という形でより多くの活動を生み出すことで増加するでしょう。

CENNZをステーキングすることで、ネットワークの安全性を確保し、管理することで、ネットワークのコンセンサスに参加することができます。 また、当社の手数料トークンであるCPAYの形でブロック報酬を提供しています。CENNZをステークすることで、CPAYトークンの報酬利回りが得られます。

現在16,000,000CPAYが流通しています。 CPAYは、ネットワーク上でガスのように動作し、取引手数料やブロック報酬の支払いに利用されます。

アルゴリズム的に安定するように設計されているので、開発者はアプリケーションのコストを簡単に予測することができ、ステークホルダーはそのステークの価値を簡単に予測することができます。CPAYはまず、CENNZX取引所で取引可能となるか、またはウォレット間で直接送金することができるようになります。

アルゴリズム的にステーブルコインとして、CPAYはどのように安定性を維持しているのでしょうか?市場に出回っている他のアルゴリズミックステーブルコインと比較して、どのような違いがあるのでしょうか? 言い換えれば、他のステーブルコインのどのような問題を解決できるのでしょうか?

今日の混雑したブロックチェーンネットワークでは、トランザクションのコストは変動しやすく、いつでも変化する可能性があるため、DApp開発者は先を見据えた計画を立てたり、例えば「手数料無料」のような興味深い顧客モデルを作成することが難しくなっています。開発者の管理外の理由でネットワークが混雑すると、アプリの実行コストが上昇します。

日常的に利用するユーザーがいるスケーラブルなブロックチェーンで変動率の高い料金が発生するのは愚かなことです。大多数の開発者や起業家、ユーザーにはアピールできないでしょう。 アマゾンの株価が上がったときに、AWSでホストしている私のNetflixのサブスクリプションの料金が上がった場合を想像してみてください。Ethereumのようなネットワークは資本資産と手数料資産が同じになっていることからこういったことが起こってしまいます。

ネットワークの利用を最適化することと、攻撃を防ぐことのバランスをとることが重要です。

CPAYの安定性は、ネットワークの活動とGASの需要に対して、ミンティングされ、バーンされる率を制御することによって達成されます。トークンは消費するとバーンされます。CPAYトークンは、新しいブロックが作成されたときにミンティングされ、新しいCPAYトークンがブロック報酬として割り当てられます。これが価格の安定につながっています。

CENNZnetで利用できるプロダクトは?これらのプロダクトは、公式チームが開発したものなのか、それとも第三者チームが開発したものなのか。

CENNZnetツールキットには、開発者が分散型アプリを構築するために使用できるオープンソースのプロトコルが用意されています。

Doughnutプロトコルは、セントラルサーバーから独立したデジタル証明書を使用したパーミッションとアクセス制御スキームを使用して、機密性の高いデータプライバシーのユースケースをサポートしています。

Generic Assetプロトコルは、CENNZnetの多通貨経済をネイティブに可能にします。Generic Assetプロトコルでは、さまざまなアセットタイプ、プロパティ、操作が定義されています。

CENNZnet Attestationsプロトコルは、デジタルIDユースケースのためのオンチェーンクレームレジストリを提供します。これにより、セキュリティリスクを軽減するために個人データを保護することができます。

CENNZXスポット取引所は、CENNZnet上でのシームレスな手数料支払い体験を可能にし、トークンの交換を即時かつ容易に行うことが可能です。CENNZXスポット取引所は、分散化、使いやすさ、安全性を優先しながら、中央集権的なサービスを排除しています。

SYLOメッセージングプロトコルは、アプリケーションがメッセージング、連絡先、グループ、ストレージを提供すします。SYLO Super DAppは、開発者が何十万人もの既存ユーザーと対話できるMINI DAppsを構築することを可能にします。

Centrapayは、世界中の25万以上の小売店でアプリケーションを現実の決済レールに接続します。

サードパーティの開発者は、当社のネットワーク上で様々なアプリケーションを構築したり、既存のプロトコルやプロジェクトと接続して、既存のユーザーエコシステムにアイデアを統合したりすることができます。

Centralityの来年度の計画は?何に焦点を当てているのでしょうか? (商品設計、ユーザー、市場の拡大等)

次の重要なステップは、CENNZnetでパブリックステーキングを有効にすることです。 これにより、ステーキング報酬のロックが解除され、私たちのコミュニティがネットワークガバナンスに参加できるようになります。

これに加えて、今後もアクティブなユーザーを増やしていきたいと考えています。 すでに私たちは、ブロックチェーンに基づく最もアクティブなDAppユーザーの1つを持っており、CMCトップ10の人気ネットワークの月間アクティブDAppユーザーの10倍となっています。 これは偽装しやすい「アクティブアカウント」や「アクティブホルダー」ではなく、Syloのような本物のDAppユーザーのことです。

現在の想定では、年末までに月間100万人以上のアクティブなDAppユーザーを抱えることになります。クリプト業界では巨大な数字です!

その上で、技術の向上に努めていきます。すでに特許出願中のDoughnutプロトコルにより、CENNZnetの開発者は、他のどのブロックチェーンよりも高度で安全でユーザーフレンドリーなDAppsを開発することができます。しかし、ユーザーベースの拡大に伴い、より多くのパフォーマンスを可能にするために、プロトコルにはさまざまな新しい改良が加えられています。

CENNZnet は https://www.poweredbyplug.com/ フレームワークを使用して構築されています。

これは Substrate (Polkadot) のフォークですが、よりスマートな DeFi アプリ、より良い UX、よりスケーリング、エンタープライズ環境への適合性を可能にするために、多くの大きな機能強化が行われています。

このフレームワークには、さらに多くのエキサイティングなアップグレードが用意されており、それをCENNZnetに取り込む予定です。

素晴らしいニュースとしては、世界が私たちのエコシステムの真の可能性を知る前に、新しいトークンホルダーがまだ私たちのネットワークに参加することができるということです。

参加者から3つの質問:

Ethereumプラットフォームと比較して、DefiにおけるCENNZnetパブリックチェーンのメリットは?

素晴らしい質問です。私は、CENNZnetネットワークは、フィンテックやDeFiプロジェクトにいくつかの明確な利点を提供していると思います。

· ネットワーク上でのパフォーマンスが高いため、より高い需要に対応できます。

· 私たちは、より予測可能な手数料エコノミーを持っているので、開発者やユーザーは大きなGASの振り幅に驚くことはないでしょう。

· たちのパーミッションプロトコルであるDoughnutsを使用することで、開発者はよりユーザーフレンドリーで安全かつプライバシーを意識したアプリケーションを構築することができます。

· Doughnutsプロトコルは、オンチェーンでの執行と委任が組み込まれているため、スマートコントラクトや取引をオフチェーンで実行することができ、フロントランニングのような問題を軽減することができます。

· 私たちのAMMが組み込まれているため、簡単に流動性を作成することができます。

· 私たちの手数料取引は、独自のネイティブトークンでユーザーをオンボードできることを意味し、ユーザーはGASがネットワークでどのように機能するかを理解する必要はありません。

現在のDefiブームは、関連するトークンのサイクルが非常に短く、クラッシュが続いていて、終わったと思っている人が多いです。Centralityはこれから参入しようとしていますが、どう思いますか?

DeFiは絶対にまだ終わっていません。 多少のハイプはありましたが、これはICOブームのようなものではありません。これらのプロジェクトは、新しい洗練された市場のプレーヤーからの関心を集めている、より持続可能なプロジェクトです。本当にまだ始まったばかりです。しかし、しっかりとリサーチをして、コミュニティのために活動してきた実績のあるチームを探すことが大切です。

CENNZの私募価格、公募価格、現在の価格はいくらで、初値と比較してどれくらい上昇しているのでしょうか?どの取引所に上場していますか?

2018年1月のTGEでは、CENNZトークンをETHと交換しました。スマートコントラクトの価格は、1ETHで11507CENNZに設定されており、6分以内に利用可能なCENNZは全て完売しました! 現在の価格は、1ETHで5922CENNZ、つまり元の価格の194%となっています。CENNZは現在、ZB.com、HitBtc、MXC、Bithumbに上場しており、CENNZNetがはるかに広いファンベースに到達できるように、より多くの取引所と協力していく予定です。

CENNZの価格はここ数年安定しており、技術の構築、素晴らしいDAppエコシステムの構築、新規ユーザーの開拓を行ってきました。しかし現在、メインネット、ステーキング、新プロジェクトの立ち上げで、盛り上がりを見せています。 CENNZnetは、ユーザー数が少なく、技術や提携先が少ない多くのコインと比較して現在は低価格であることを覚えておいてください。


ODaily hosted an ‘Ask Me Anything’ with our CEO Aaron McDonald and asked him about DeFi, payments and users.

To stay up-to-date on the progress of Centrality’s ecosystem, follow us on Twitter and our Telegram Announcements channel, plus join our community on Centrality’s Official Telegram, Instagram, Reddit, and Facebook.

You and your partners started to do blockchain technology application four years ago. I am wondering what the trend you saw at that time and what kind of ecological products you envisioned. Did you plan to start with payment applications at the beginning? What are the implementation process and important milestones?


Defiブームでイーサリアムのガス代が高騰したり、バグが起きたりしましたが、CENNZnetでも同じ事が起こりますか?

今の混雑したブロックチェーンネットワークでは、トランザクションのコストは変動しやすく、いつでも変更される可能性があります。これでは DApp 開発者が先に計画を立てたり、例えば手数料無料のような興味深い顧客モデルを作成したりすることが難しくなります。開発者の管理外の理由でネットワークが混雑すると、アプリの実行コストが上昇します。

日常的に利用するユーザーがいるスケーラブルなブロックチェーンで、変動率の高い料金が発生していることはおかしな事です。それは大多数の開発者や起業家、ユーザーにはアピールできないでしょう。アマゾンの株価が上がったときに、AWSがホストしている私のNetf …


Centrality is sharing the latest on the CENNZnet platform’s development and progress. To stay up-to-date on the progress of Centrality’s ecosystem, follow us on Twitter and our Telegram Announcements channel, plus join our community on Centrality’s Official Telegram, Reddit and Facebook.

Q. The Defi trend caused Ethereum gas prices to skyrocket and bugs to occur, will the same thing happen with CENNZnet?

A. In congested blockchain networks today, the costs of transactions are volatile and subject to change at any time, which makes it hard for DApp developers to plan ahead or create interesting customer models like fee-free for example…


We’re delighted to announce the CENNZ and CPAY tokens will be moving to CENNZnet. The marks a significant milestone, where CENNZ and CPAY tokens are transitioned from Ethereum ERC20 based tokens to CENNZnet native assets — ready for federated staking later in the year.
The token migration contract will be live from 31/08/20.

CENNZnet mainnet, Azalea is a robust blockchain that supports applications with over 100,000 active users. It will be great to bring all CENNZ and CPAY token holders to CENNZnet, so together we can collaborate on the future of the CENNZnet economy.

Please note:

If you choose to…

Nicole Upchurch

Not going to win a Pulitzer, but I don’t completely suck either

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store